ここから本文です

吉本社長「ギャラは平均5:5から6:4」 →芸人「これは嘘だろw」「間違えてたなら振り込んでくれよ」続々反論

7/22(月) 19:59配信

J-CASTニュース

 吉本興業の岡本昭彦社長が2019年7月22日に開いた会見で述べた、同社と所属芸人との「ギャラ配分」をめぐる発言に、複数の現役芸人や元芸人がツイッターで反論している。

【写真】手で涙を拭う岡本社長

 岡本社長は「会社が9でタレントが1とか、そういうことは全くない」として、平均値で「5:5から6:4」と数字で配分割合を明かした。だが、吉本芸人のキートン(元・増谷キートン)さんはツイッターで「あの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか!」と皮肉。元お笑いコンビ「御茶ノ水男子」(6月で解散)の佐藤ピリオド.さんらも反論した。

■「445席即完して。グッズも完売して。ギャラ2000円」

 岡本社長は、「契約の仕方や、ギャラの問題も言われているが、そのあたりを見直す考えは?」という質問に回答する中で、次のようにギャラ配分について発言した。

  「ギャラに関しては『安い』等々言われていますけど、会社が9でタレントが1とか、そういうことは全くなく、ざっくりとした平均値で言っても、5:5から6:4」

 「もちろん人によりますし、個別あります。安い子がいることも事実ですけども、ただそれは、彼らの単価が低いケースがあることもあります」と所属タレントによって配分割合が異なることも述べたが、こうした発言を聞いた芸人の複数が違和感を表明している。

 キートンさんはツイッターで

  「ギャラ 5:5だったのか てことは、私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」

と皮肉を込めて投稿した。

 佐藤ピリオド.さんも、

  「9:1じゃなく5:5?ほほう。品川で初単独やった時。445席即完して。グッズも完売して。ギャラ2000円だったなぁ。御茶ノ水男子2人で4000円。9割9部9厘:1厘の間違いでは。それを社員さんに抗議に言ったら仕事減らされて。いい思い出だなぁ」(原文ママ)

と振り返る。「お客様は俺たちを観に来て、俺たちがお客様のチケット代とグッズ代で少しでも御茶ノ水男子の糧になってほしいなと思ってライブ来てくれてるのに、それをこんな形にされて。しかも今日の会見でも芸人の不満が貯まること言うから。思わず言いました」と不満がたまっていたことを明かした。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 1:22
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事