ここから本文です

横綱対決で鶴竜に完敗…衰え顕著で白鵬批判ますます高まる

7/22(月) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 栄光を誇示する背中の文字がむなしかった。

 勝てば優勝決定戦という結びの一番で横綱鶴竜(33)に寄り切られ、43度目の賜杯を逃した白鵬(34)は、浴衣の下に【最多勝利 1048勝 達成】と背面に派手な刺繍を入れた下着をつけて会場を後にした。

 休場明けの今場所は9日目にモンゴルの後輩逸ノ城に一方的に寄り切られ、鶴竜に1敗で並んだ14日目には通算56勝6敗の琴奨菊にもろ差しを許してなす術なく土俵を割った。この日の鶴竜戦を前に相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は、「白鵬に2番取る気持ちがあるかどうか」と本割に勝って優勝決定戦に持ち込む気力の有無を問うていたが、四つに組みながら力負けした。

 2017年3月場所から今年5月場所までの14場所で休場すること8度(途中休場を含む)。故障はもちろん、年齢からくる衰えを指摘されることが増えた。21日のスポニチでは荒磯親方(元横綱稀勢の里)が「相撲内容全てを含め、千秋楽は鶴竜がかなり有利ではないかとみています」、日刊スポーツでは高砂親方(元大関朝潮)が「今場所の白鵬の相撲そのものが粗いというか目いっぱいという印象」とシビアに指摘していた。

■審判部激怒

「その一方で、態度の悪さは相変わらず。今場所も6日目の碧山との一番では、行司に何度も『手をついて』と促されながら、それを無視するように突っ立ったままで腰を下ろそうともせず、境川審判部長に『合わせないと。後味が悪い』と苦言を呈された。13日目の妙義龍戦では小手投げで倒れた相手の後頭部を右腕でかち上げるように押し込み、高田川審判副部長が『首だから引っ掛かったらケガをする。見苦しい。勝負が終わって倒れているのに見苦しいよ』と怒っていた。万歳三唱や三本締め問題などでもこれまでに散々、協会から注意されているのにまったく懲りていない。三本締めでけん責処分をくらったときには、理事会で協会幹部から『おまえの成績なんて、ただの数字にすぎないんだよ!』と怒鳴りつけられたらしいけど、全くその通り。これまでは、勝てば何をしたっていいという態度だったけど、これで勝てなくなったら、ただのならず者だよ」

 とは、ある親方だ。

 白鵬は取組後、全休明けの今場所を12勝3敗で乗り切ったことに、「ここまで戦ったことは褒めたい」と自画自賛していたが、力の衰えと周囲の批判は今後ますます大きくなりそうだ。

最終更新:7/22(月) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事