ここから本文です

広島に3連敗…巨人・原監督の“禁じ手”が誠也と鯉ベンチに火をつけた

7/22(月) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 巨人は5月以来となる今季2度目の4連敗。初の同一カード3連敗を食らった。

 21日の広島戦。同点の九回1死満塁のチャンスを逃すと、1―1の延長十回に4番手マシソンがつかまった。田中広に四球、菊池涼に安打を浴びるなど1死満塁のピンチを招き、4番鈴木に右前へサヨナラ打を浴びた。

 初戦は5点差をひっくり返され、前日は2点差をバティスタの2ラン2発で逆転された。そして、この日は劇的なサヨナラ負け。しかも、原監督は負ける過程で“禁じ手”を犯していたと、さる球界関係者がこう言う。

「巨人ベンチは延長十回裏の守りで、1死二、三塁から3番のバティスタに申告敬遠を告げ、1死満塁にして4番・鈴木誠也との勝負を選択した。試合前まで打率は・310でリーグ3位だが、得点圏が.233と低いことで原監督が“勝負弱い”と判断したのでしょう。でも3番敬遠の4番勝負で広島ベンチに火がついた。現チームの中心は4番の誠也で、周辺を打つ菊池涼らが支えるチーム。大将が軽く見られては、広島も誠也本人も黙っていない。原監督は開幕前から『僕の中で広島が強いと思ったことはない』と言い続けていて、当然、広島ナインも知っている。5月に19勝4敗1分けだった勢いを戻しかねない原監督の指示だったかもしれません」

 まだ2位DeNAとは7ゲーム、借金3となった3位広島とは9ゲーム差がある。が、4月16日に借金8だった広島は翌17日から24勝6敗1分けとハイペースで勝ち続け、たった31試合で貯金を2ケタに乗せている。広島は残り53試合である。

 巨人は4年連続シーズン負け越し中の天敵に、4勝9敗1分けと今季も一方的にやられ続ける。今は独走状態でも、今日22日に61歳の誕生日を迎える原監督にとって、嫌な3タテには違いない。

最終更新:7/22(月) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事