ここから本文です

文大統領支持率51.8% 8か月ぶり高水準=対日対応姿勢が影響

7/22(月) 11:05配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、リアルメーターが22日に発表した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週に比べ4.0ポイント上がった51.8%で、昨年11月第3週(52.0%)以来、8か月ぶりの高水準となった。不支持率は4.2ポイント下落の43.1%だった。

 

 調査はYTNの依頼を受け、15~19日に全国の有権者2505人を対象に実施された。

 リアルメーターは支持率の上昇について、「日本の経済報復に対抗した日本製品不買運動など反日世論の拡散、政府の対日対応姿勢、(保守系大手紙の)朝鮮日報・中央日報の日本語版記事と日本・フジテレビ(の解説委員)の文大統領弾劾主張に対する批判世論の広がり」などが影響したと分析した。

 政党支持率は進歩(革新)系与党の「共に民主党」が前週より3.6ポイント上昇の42.2%、保守系最大野党「自由韓国党」は3.2ポイント下落の27.1%で、両党の支持率の差が15.1ポイントに大きく広がった。

 共に民主党が支持率を伸ばしたことについて、リアルメーターは「反日世論の拡散、政府の断固とした(対日)対応姿勢が相まって2週続いた下落に歯止めがかかり、40%台を回復した」と説明している。

最終更新:7/22(月) 11:18
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事