ここから本文です

ハモンド英財務相、ジョンソン氏が首相就任なら辞任すると表明

7/22(月) 10:05配信

ロイター

[ロンドン 21日 ロイター] - 英国のハモンド財務相は21日、ジョンソン前外相が首相に就任した場合は辞任すると表明した。合意を伴わない欧州連合(EU)からの離脱も辞さない首相を支えることはできないからだとの立場を示した。

英BBCの番組に出演したハモンド氏は、合意なき離脱への懸念から、前週は自身の22年の政治家人生で初めて、政府の立場に反する票を投じたと明らかにした。下院は前週、次期首相が議会の休会という手段を使い、EUからの合意なき離脱を強行することを阻止するための案を可決しており、英メディアはハモンド氏が棄権したと報じていた。

「わたしは解任されることはないと確信している。解任される前に辞任するからだ」と表明。メイ首相が24日に女王に辞表を提出する前に辞任すると続けた。

「ジョンソン氏が首相になるとの前提では、彼の政権でポストを得る条件は10月31日に合意なき(EU)離脱を実施する可能性を受け入れることが含まれる。これは私には決して受け入れられないことだ」と強調した。

メイ首相の後任と目されるジョンソン氏は、EUとの合意の有無にかかわらず10月31日の期限までにEUから合意すると表明している。次期首相は24日に就任する。

最終更新:7/22(月) 10:12
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事