ここから本文です

当選から一夜明け 高良鉄美さん「民意を背に沖縄の声を全国に訴える」

7/22(月) 15:04配信

琉球新報

 21日投開票の参院選から一夜明けた22日午前、沖縄選挙区で初当選した高良鉄美氏(65)は那覇市泉崎の選挙事務所で報道各社のインタビューに応じた。高良氏は公約の柱に据えた米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設問題を念頭に、「何度も示されてきた県民の民意をしっかりと受け止め、民意を背に沖縄の声を全国に訴える」と新基地建設阻止に向けて動いていくことを強調した。
 高良氏は糸数慶子参院議員の後継として選挙戦で掲げた「平和の一議席」についても触れ、「平和の一議席の重さは沖縄の歴史の重さに結びついている。その重さを国政の中で訴えてきたい」と語り、平和主義を貫く姿勢を強調した。

 「オール沖縄」勢力の支援を受けた高良氏は選挙戦で、新基地建設反対のほか、消費税増税反対、憲法改正反対を掲げていた。普天間飛行場の危険性除去については「辺野古埋め立てによらず即時の閉鎖、撤去すべきだ」と主張していた。

 高良氏への当選証書付与式は24日に県庁で行われる予定。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/22(月) 15:04
琉球新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事