ここから本文です

鈴鹿8耐、表彰台目指す エスパルスドリームレーシング

7/22(月) 8:05配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市清水区のレーシングライダー生形秀之さん(42)率いる「エスパルスドリームレーシング・IAI」が26~28日に三重県で開かれる国内最高峰のオートバイレース、鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場する。表彰台を目標に掲げた3カ年計画の最終年となり、生形代表は「多くの方々と感動を共有したい」と力を込める。

 チームとして初参戦した2年前は23位だったが、昨年は4位。196周してトップとは3周差だった。現在スポンサーは70社以上となったが、予算規模が違う大手メーカーのチームに勝つのは簡単ではないという。

 生形代表はこの1年間、オートバイの問題部分を改善し、自身は体力面の強化を図った。一緒に戦うライダー2人はともにイギリス人に。スタッフ約35人を束ね、24、25日に現地で最終調整を行う。

 生形代表は「最初は大きな挑戦だったが、応援してくれる人も増え、今はやってよかったなと思う」とチーム結成当初を振り返り、「1年間、総合力を上げようと取り組んできた。何とか形にしたい」と意気込む。

静岡新聞社

最終更新:7/22(月) 8:05
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事