ここから本文です

プロ注目のエース谷岡崩れる…武田が逆転負け 夏終わりプロ志望届け「出します」

7/22(月) 8:30配信

デイリースポーツ

 「高校野球広島大会・3回戦、沼田7-6武田」(21日、福山市民球場)

 広島大会では、3回戦5試合が行われた。武田は6-7の逆転負け。最速152キロでプロ注目の谷岡楓太投手(3年)は九回に4連続押し出し四死球で4失点。チームを勝利に導けず号泣した。

【写真】大船渡・佐々木が見たい!午前6時から220人の行列、駐車場も満車

 「自分が試合を壊してしまった。負けたのは僕のせい。抑えようとして力が入り過ぎた」。6-2の八回1死一、二塁で登板。押し出し四球で1点を失った。6-3の九回は2死満塁から押し出し四球、死球、四球、死球。1回6四死球は野球人生で初めてだった。

 今春に最速152キロを計測し一躍、脚光を浴びるようになった。この日は、中日など複数球団のスカウトが熱視線を送った。入学当初は最速125キロ。股関節の柔軟性を高めるなどの努力を重ね本格派右腕へと成長した。

 今秋のドラフト会議へ向け、プロ志望届を「出します」と言い切った。目指す投手像は「勝てる投手になること」。悔しさが残った夏の経験を、今後の野球人生に生かしていく。

最終更新:7/22(月) 9:27
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事