ここから本文です

阪神・西 72日ぶり白星で4勝目 7回2失点「無事に勝てて良かったです」

7/22(月) 9:00配信

デイリースポーツ

 「阪神5-2ヤクルト」(21日、甲子園球場)

 久々に眺めるお立ち台からの景色に、阪神の西は顔をほころばせた。72日ぶりの今季4勝目。「無事に勝てて良かったです」。7回2失点。勝利投手へ注がれる大歓声のシャワーが心地良かった。

 思いを込めて投げ込んだ。初回から気迫たっぷりだった。2死一塁で村上を空振り三振。ガッツポーズを見せてベンチへ戻った。四回はバレンティンに先制ソロを被弾したが、後続を断った。味方の野選で1点差に迫られた六回は、ベースカバーに向かった際に足を痛めて倒れ込んだ。それでも2死一塁から村上を見逃し三振。梅野のミットに白球が収まると、雄たけびを上げてスタンドを沸かせた。

 最後の白星は5月10日の中日戦(甲子園)。この試合も含めて西の援護点は1試合平均2・6点。打線の援護に恵まれない日が続く。「家族かな、一番は。本当に一番に応援してくれているし、2カ月勝てていないけど、毎日笑顔で迎え入れてくれる」。下を向きたくなる時も、何物にも代えがたい家族との時間が心の支えになった。

 球場では仲間に助けられた。「みんな励ましてくれたり。そういうのって力になるし、自分もそれを得て頑張りたいと思う。なおさらチームのために頑張りたいと思うから」。心に寄り添ってくれたのは、今年から同じユニホームを着た仲間。「チームメートがそばに居てくれるだけで強くなれる」。チーム、仲間への思い。それが腕を振る理由だった。

 矢野監督も「西にとってもこの1勝が、これからの試合につながったという試合にしていけるように」と、きっかけの白星となることを期待。「勝ちが付いたので、いいふうにどんどん転がっていけば、自分もチームも乗っていけると思います」。チーム一丸で目指す夏場の反攻。西がその中心となる。

最終更新:7/22(月) 9:04
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/26(月) 16:15

あなたにおすすめの記事