ここから本文です

夏木マリの印象派NEO、最新作「ピノキオの終わり」に土屋太鳳が出演

7/22(月) 13:06配信

ステージナタリー

「印象派NEO vol.4『ピノキオの終わり』」が、2020年6月3日から7日まで東京・世田谷パブリックシアターで上演される。

【写真】土屋太鳳(メディアギャラリー他1件)

夏木マリのライフワークである印象派NEOの3年ぶりの新作となる本作には、夏木のラブコールにより土屋太鳳が出演。土屋は出演に向けて、「子どもの頃から抱く『夏木マリという表現者』への憧れと畏怖。それが『マリさんという人』への尊敬に変わり、その尊敬が憧れと畏怖を加速させ、もっとマリさんを知りたい!と渇望して出会えた扉が『印象派』です。この稀有な世界に挑戦する資格があるのか自問しつつ、憧れと畏怖が沸点に達する瞬間に辿り着こうと思います」と意気込みを語っている。

振付はイデビアン・クルーの井手茂太、小尻健太、DAZZLEの長谷川達也が担当。公演の詳細は続報を待とう。

■ 「印象派NEO vol.4『ピノキオの終わり』」
2020年6月3日(水)~7日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

演出:夏木マリ
振付:井手茂太、小尻健太、長谷川達也
出演:土屋太鳳、Mari Natsuki Terroir(マリナツキテロワール)

※「印象派NEO」のEはアクサン付き、小尻健太の「尻」はかばねに丸が正式表記。

最終更新:7/22(月) 13:06
ステージナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事