ここから本文です

「EXO-SC」の「What a life」、イ・スマン総括PDが賞賛「SMエンタになかった曲」

7/22(月) 18:01配信

WoW!Korea

韓国アイドルグループ「EXO」のSEHUN&CHANYEOL(EXO-SC)が、新曲「What a life」をSMエンタテインメントのイ・スマン総括プロデューサが褒めてくれたと明かした。

【画像】ミニアルバム「What a life」発売記念ショーケースを開いたユニット「EXO-SC」

 「EXO-SC」(SEHUN、CHANYEOL)は22日午後、ソウル・MUVHALLでユニット1stミニアルバム「What a life」発売記念ショーケースを開催した。

 「EXO-SC」の1stミニアルバム「What a life」は多様なヒップホップジャンルの全6曲を収録。特に今回のアルバムは2人の多彩な音楽の世界を披露するため、3曲をタイトル曲に選定し、明るく前向きなエネルギーを込めた「What a life」、夏にぴったりの爽やかなロディーの「Just us 2」、感性的な雰囲気が感じられる「Closer to you」などのトリプルタイトル曲に出合える。

 CHANYEOLは「What a life」について「初めてスケッチしたときからこの曲がタイトルだと思った。ご存じの方はわかると思うが、内容が僕たちの話だ。僕たちはこのような人生を生きているという対話をゲコ(ダイナミック・デュオ)兄さんとたくさん交わした。遊びも仕事も一生懸命な僕たちの前向きな姿を見せたかった」と説明した。

 SEHUNは「イ・スマン先生が『What a life』の歌詞がとても良いと褒めてくださった。SMにこんな曲がなかったので、初めて見るようだとおっしゃった。イ・スマン先生がとても面白い、よく似合うと言ってくださった」と付け加えた。

 また「Just us 2」はSUHOが一番好きな曲とのこと。SEHUNは「GRAYがプロデュースしてくれた。ゲコ、Boi B(Rhythm Power)がフィーチャリングしてくれた。清涼感のある曲だ。暑い時に聞けば、エアコンより涼しいだろう」と期待を示した。CHANYEOLは「初めて聞いたとき、ゲコ兄さんの声が良いと思った。ゲコ兄さんも快諾してくれた」と感謝を伝えた。

最終更新:7/22(月) 18:01
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事