ここから本文です

ヤン・ヒョンソク(前YGエンターテイメント総括プロデューサー)、出国禁止などの強制捜査を警察が検討中

7/22(月) 19:36配信

WoW!Korea

ヤン・ヒョンソク(YG)前総括プロデューサーの強制捜査が検討されている。

ソウル地方警察庁は22日、定例記者懇談会でヤン・ヒョンソクの性接待疑惑について「口座追跡や出国禁止など強制捜査を検討している」と述べた。今回の検討対象には、ヤン前プロデューサーと風俗店の関係者である“チョンマダム”など4人が含まれている。

ヤン・ヒョンソクのプロフィールと写真

これに先立ち警察はヤン・ヒョンソクを17日に参考人から被疑者に変更して立件した。

一方、MBC「ストレート」は5月27日の放送で目撃者の話を引用し、ヤン・ヒョンソクが、2014年当時にYG所属歌手とソウルで東南アジアの資産家一行に対し、ある場所を介して性接待をした疑いがあると主張した。「ストレート」は、その場に呼ばれた女性は25人ほどおり、その中の10人以上は風俗店に勤務する女性だと報道した。

当初、YG側は「事実ではない」と否認し「知人の招待を受けて、その場に同席はしたが、性接待はしていない」と反論した。その後、公式の立場でも再度「招待された場に過ぎず、風俗店の女性を呼んだ事実は一切ない」と強調した。

これに対し「ストレート」は先月24日、ヤン・ヒョンソクと、ジョー・ロー及び風俗店勤務のいわゆる「チョンマダム」間の性接待疑惑を追加で報道した。

「ストレート」はジョー・ローの入国当日、夕食の席に風俗店の女性25人が同席し、ジョー・ロー一行8人のうち6人は別の宿泊施設に行った後、翌日の午前中にYGが用意した宿泊施設に戻ってきたと伝えた。また、この席に参加した10人の女性たちは、500万ウォン相当のブランドバッグをもらったと主張した。その1か月後、ジョー・ローの招待でチョンマダムの風俗店の女性10人余りがヨーロッパに出国してブランドショップで買い物をしたとし、この件にもYGが関与したとも主張した。

最終更新:7/22(月) 19:36
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事