ここから本文です

タフネススマホ「TORQUE」を愛する理由と、改善してほしいところ 現役ユーザーに聞く

7/22(月) 15:39配信

ITmedia Mobile

 京セラは、8月下旬に発売を予定する高耐久性スマートフォン「TORQUE G04」と、登山アプリ「YAMAP」のコラボ企画 として、TORQUE G04専用アクセサリーの開発を行う。

8月下旬に発売を予定する高耐久性スマートフォン「TORQUE G04」

 この企画の第1弾として、7月10日に「登山とTORQUEに関する座談会」が開催された。座談会では、TORQUEを使っている6人がYAMAP東京支社に集まり、意見交換をしたり、「TORQUEのこんなアクセサリーが欲しい」といった要望を語り合ったりした。京セラとYAMAPはこの座談会での意見を参考にし、アクセサリー開発を目指すとしている。

普段はTORQUEをどのように活用しているの?

 今回の座談会に参加した人は、言うまでもなく全員がTORQUEユーザーだが、普段の生活でどのようにTORQUEを活用しているのかを語ってくれた。

ダイビングでTORQUEを使う女性 休日には海へ行き、ダイビングをする際にTORQUEを使っています。周りの友人はiPhoneやGalaxyなどを使っていますが、画面の割れにくいTORQUEが気に入っています。

山登りを始めたばかりの男性 昨年(2018年)10月から群馬県・谷川岳(たにがわだけ)に登り、それ以降、山登りを本格的に始めました。もともとはバイクに乗るのが好きで、携帯電話をマウントすると、水ぬれやタッチパネルの誤作動などが多くて困っていましたが、TORQUEに変えてからは雨の中でも平気で使えます。

10年近く山登りをしている男性 よく標高の低い山に登ることがあり、道が複雑で困ってしまうことがあります。そこで私はTORQUEにYAMAPアプリを入れて、他の人の登山ルートやアドバイスを参考にしながら、登山で活用しています

登山歴40年のベテラン男性 20代のころは毎週のように山登りをしていました。最近では富士山や北アルプスに行くなど、山尽くしの人生です。カシオ計算機製「G'zOne」シリーズの頃から、タフネスケータイを愛用しています。2013年のカシオ撤退のときはかなり悩みましたが、その翌年に京セラ製「TORQUE」が登場したので、買い替えました。登山をするときはTORQUEとスマートウォッチを連携させて活用しています。

バイクツーリングでTORQUEを活用する女性 私はタフネス携帯を使い始めたのは初代「TORQUE G01」が出たのがきっかけで、その耐久性の安心感にほれました。キャップが外れてしまいながらも、何とか使い続けていますが、今年(2019年)からバイクツーリングでTORQUEを活用しています。

狩猟歴10年の女性 神奈川県・丹沢山塊(たんざわさんかい)に行っています。先ほどの方と同じく、 「G'zOne」シリーズが終了してしまい、不安に思いながらもTORQUEに買い替えました。「崖から落としても壊れにくい」――そんなタフネス魂を受け継いでくれているので、今ではTORQUE一択です。

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 15:39
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事