ここから本文です

阪神 DeNA3連戦はガルシア、青柳、秋山を予定 福留も復帰へ

7/22(月) 12:31配信

デイリースポーツ

 連勝で4位に浮上した阪神は22日、兵庫・西宮市にある甲子園球場の室内練習場で、投手指名練習を行った。23日のDeNA戦(甲子園)に先発予定のオネルキ・ガルシア投手(29)ら、先発5投手が参加。翌24日の同戦は青柳晃洋投手(25)、25日の同戦には秋山拓巳投手(28)が先発する予定になっている。

 今季ワーストタイの6連敗と苦しんだチームは、20、21日のヤクルト戦(甲子園)で連勝。再浮上に向けてチーム状態は上向きつつある。

 さらに、23日には両ふくらはぎの張りを訴え、2軍再調整中だった福留孝介外野手(42)が復帰する予定。新加入するヤンハービス・ソラーテ内野手(32)=前マーリンズ傘下3A=も、前日21日に来日し、今日午後には西宮市内で入団会見を開く予定になってる。

 矢野燿大監督(50)も「点を取るために補強している。早く見てみたいし、頑張ってくれるだろうという期待はしている」と、早期合流を心待ちにしている。両打ちで、メジャー通算75本塁打の強打者。復帰する福留と2人が加われば、打線に厚みが増すのは確実だ。

 シーズンは残り54試合。首位・巨人とは9ゲーム差あるが、まだ追いつけない数字ではない。まずは23日からの始まる2位・DeNAとの3連戦。今季10勝5敗と得意にする相手に、ガルシア、青柳、秋山の3人で、一戦必勝の戦いを続けていきたい。

最終更新:7/22(月) 12:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/16(月) 12:40

あなたにおすすめの記事