ここから本文です

和歌山東サヨナラ勝ち 温存予定のプロ注目エース落合が緊急登板

7/22(月) 13:14配信

デイリースポーツ

 「高校野球和歌山大会・2回戦、和歌山東4-3向陽」(22日、紀三井寺公園野球場)

 和歌山東が接戦を制し、3回戦に駒を進めた。

 六回に逆転し1点リードで迎えた八回。1死三塁のピンチで、この日は温存予定だったプロ注目のエース・落合秀市投手(3年)が登板。1回2/3を無安打無失点に抑えた。

 「先発が多いので、途中からランナーを背負った状態で投げるのは難しかった」とボール球が先行し、立ち上がりに苦しんだ。登板直後に、自身の失策絡みで1点を失うなど(自責点0)本調子ではなかったが、すぐに落ち着きを取り戻し、九回は三者凡退で切り抜けた。

 チームは九回に7番・片山叶外野手(3年)が左越え適時二塁打を放ち、サヨナラ勝ちを決めた。

 「(次の市和歌山は)粘られると思いますが、本調子ならいけると思う。自分も粘り強く投げたいです」と次戦を見据えた落合。頂点を目指し、エースがチームをけん引する。

最終更新:7/22(月) 17:56
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事