ここから本文です

大船渡、同点に追いつかれる 先発回避の佐々木まだブルペンに入らず

7/22(月) 14:36配信

デイリースポーツ

 「高校野球岩手大会・準々決勝、大船渡-久慈」(22日、岩手県営球場)

 高校公式戦史上最速タイの160キロをマークした佐々木朗希投手(3年)擁する大船渡が、準決勝進出をかけて久慈と対戦。前日の4回戦・盛岡四戦で延長12回194球を完投した佐々木は今大会初めて先発を回避し、ベンチスタートとなった。一時は4点リードしていた大船渡だが、七回に同点に追いつかれた。

 大船渡は四回無死二、三塁のチャンスで及川が中堅へ先制犠飛。その後、6番・吉田の遊撃への打球で併殺を狙った久慈の守備が乱れて1点を追加。2点のリードを奪った。

 佐々木に代わって先発マウンドへ立ったのは大和田健人投手(3年)。2回戦では佐々木の後を受け、“ノーノー継投”を完成させており、今大会2度目の登板。六回1死まで1人の打者も許さない完璧な投球を見せていたが、六回に2失点。七回にも2点を失い、追いつかれた。

 佐々木はベンチで懸命に声を出し、チームメートを激励。まだブルペンには入っていない。

最終更新:7/22(月) 14:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事