ここから本文です

強制不妊「記録なし」で初の被害認定

7/22(月) 13:21配信

共同通信

 旧優生保護法下の強制不妊手術問題で、厚生労働省の第三者機関「認定審査会」は22日、手術記録が残っていない22人に一時金320万円の支給を認めた。本人の証言や手術痕といった間接証拠で被害を認定した初のケース。

最終更新:7/22(月) 13:23
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事