ここから本文です

吉本・岡本社長「テープ回してないやろな」は「冗談」と説明…パワハラ否定

7/22(月) 15:13配信

デイリースポーツ

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、都内で会見を開いた。反社会的勢力の会合に所属芸人が出演し金銭を受け取った問題で、吉本興業側が正式な会見を開くのは初めて。宮迫博之と田村亮らとの会談の席で、「テープ回してないやろな」と“パワハラ”とも受け取れる発言をしたことについて、「冗談で…」と釈明した。

【写真】宮迫自身が会見なしに「そやな~」と納得していた…吉本が明かす

 岡本社長が宮迫、亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウ・福島の4人と対峙(たいじ)した「ミーティング」で、宮迫と亮は20日の会見で「テープ回してないやろな」と“圧力”を受けたことを暴露していた。

 このことについて質問されると、岡本社長は「一つは冗談で…」と釈明。冗談のつもりだった?と再度確認されると、「『テープ録ってんのちゃうのん』と言ったら、全く受け入れられず、笑わなかったので…」とあくまで「冗談」だったとの主張を繰り広げた。

 記者から「それが信頼関係を大きく崩したと思わないか?」と聞かれると「一方で、僕としましては、そこに至る経緯がそもそも彼らのもらっていないというところから始まったこと、その後もらってるとなったこと、その後、金額等なかなか判明しないこと等、会社としましては全力でやりながらも、どこかにもし、お互いに不信感あるんならばそれはよくないと思いながら、そういう冗談といいますか、和ませると言いますか…でもそういうことを…」としどろもどろで言ったところで記者から「わかりました」と打ち切られてしまった。

最終更新:7/23(火) 0:36
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事