ここから本文です

吉本社長、減俸処分も辞任せず ネットは加藤浩次の進退を心配

7/22(月) 17:10配信

デイリースポーツ

 吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長(53)が22日、都内で会見した。岡本社長は自身の処分として1年間の50%減俸を明らかにし、大崎洋会長も同様の処分となると発表。辞任などはしない意向。これにネットでは、この日の朝の番組で経営陣刷新しなければ退社の意思を示した極楽とんぼ・加藤浩次を心配する声が上がっている。

【写真】宮迫 凶悪事件被告との写真&金銭に猛反論

 岡本社長は自身の処分について騒動の責任を取る意味で大幅減俸を明かしたが、辞任はしない意向。会見後に加藤とミーティングを行うと話した。

 加藤はこの日の朝の日本テレビ系「スッキリ!」で、経営陣が変わらなければ自分が会社を辞めると発言。「若手芸人、ぼくもまだペイペイですけど、皆怖がっている。今の会社の状況、大崎さん、岡本さん、皆怖がってる。こんなんで楽しい笑いができるのか、今の体制で」と怒りをにじませると「何か文句あったら、文句じゃない、意見言ったら怒られるんじゃないか、潰されるんじゃないか」という社風も指摘し「これがずっと続いてた。これからもそれが続いていくと思ったらこの会社にはいられない」と語っていた。

 会見の時点では会社のトップ2人は退かず、経営陣は刷新されない。そうなると加藤は辞める事になってしまうのか。

 ツイッターでは「吉本辞めちゃうのか?」「スッキリで怒ってた加藤さんは辞めるって事?」「加藤浩次さんにはやめて欲しくないな」「こんな会見見たら加藤浩次は辞めちゃうな」「この後加藤さんにパワハラ発言をしそう」など心配の声が上がっていた。

最終更新:7/23(火) 0:31
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事