ここから本文です

香港デモ、中国政府に抗議の矛先 出先の国章汚す、当局は対応苦慮

7/22(月) 20:28配信

共同通信

 【香港共同】香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案に反対する若者ら約千人は21日、中国政府の出先機関の国章を汚すなどし、初めて同国政府に抗議の矛先を向けた。香港政府トップの林鄭月娥行政長官は22日、「刑事責任を厳しく追及する」と表明。習近平指導部の怒りは必至だが、エスカレートする若者の抗議に打つ手はなく苦慮しているようだ。

 中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」の王志民主任は、22日の記者会見で「国家主権と安全の尊厳に挑戦し、中国人全ての感情を傷つけた」と述べ、「不法な暴徒の行為」と若者らを強く非難した。

最終更新:7/22(月) 20:30
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事