ここから本文です

今時の職業をオモチャ化、“YouTuberなりきり”玩具に反響 開発語るこだわり

7/22(月) 10:00配信

オリコン

 幼少時代に誰もが経験する「おままごと」や「ヒーローごっこ」などの“ごっこ遊び”は、子供たちに人気で、職業体験が気軽にできるキッザニアは、依然として盛況を博している。そんな中、いまや子供たちに人気の職業であるYouTuberになりきれるオモチャが登場。HIKAKIN 完全監修の『だれでも動画クリエイター!HIKAKIN BOX』(バンダイ)が「おもちゃ大賞2019」に入賞した。発売元であるバンダイの担当者に、その制作理由などを聞いた。

【写真】乃木坂文庫

■「子どもが将来なりたい職業ランキング」を意識 今も昔も人気の「なりきり遊び」

 今や「子どもが将来なりたい職業ランキング」の上位に入ってくるYouTuberや動画クリエイター。バンダイでは「動画クリエイターごっこができる商品に可能性があるのでは?」というアイデアから『HIKAKIN BOX』の企画をスタートさせた。HIKAKINと組んだのは、「動画クリエイターの中でも一目置かれるほどの人気者」であり、彼の独特のキャラクターや、キャッチーでわかりやすい表現などが主な理由だったようだ。

――HikakinTVで使われているオープニングの効果音や、HIKAKINさんの音声が出るのが特徴的ですね。

【担当者】今回の商品は、動画クリエイターのなりきり遊びに着目して企画しました。HikakinTVで使われている効果音は、見ている方にとっては象徴的なものになっています。また、HIKAKINさんの声のバリエーションから、自分の声が簡単にHIKAKINのロボットボイスのようになったら面白いのではないかと思い、現在のような仕様になりました。

――商品のこだわり、子どもたちへのオススメポイントを教えてください。

【担当者】BGMボタンを押しながらボイスボタンや効果音ボタンを押して、音を重ねることができるので、HikakinTV風に音を楽しむことができます。そこに、自分のアレンジを加えながら、表現する方法を習得していただけるとうれしいです。

1/3ページ

最終更新:7/25(木) 23:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事