ここから本文です

元世界3階級制覇リナレスが4年9か月ぶりに日本のリングに登場…9月7日「ダイナミックグローブ」

7/22(月) 23:13配信

スポーツ報知

 帝拳ボクシングジムは22日、所属選手の元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(33)=ベネズエラ=が9月7日に東京・後楽園ホールで行われる「ダイナミックグローブ」(報知新聞社後援)でノンタイトル10回戦(対戦相手は未定)を行うと公式サイトで発表した。リナレスにとって、2014年12月30日に東京で行われたWBC世界ライト級王座決定戦以来、4年9か月ぶりの日本のリングとなる。

 フェザー、スーパーフェザー、ライト級タイトルを勝ち取ってきたリナレスは、WBA世界ライト級王者だった昨年5月に強豪のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)との4度目の防衛戦で敗れ、王座陥落。今年1月には、スーパーライト級で再起戦を行ったが、1回KO負けした。

 この興行では日本ウエルター級王者・永野祐樹(30)=帝拳=が同級9位・川崎真琴(35)=RK蒲田=を挑戦者に迎え、初防衛戦を行う。

最終更新:7/22(月) 23:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事