ここから本文です

コブクロ、地元・大阪で結成20周年国内ツアー完遂 涙声で感謝「何よりうれしい」

7/22(月) 12:12配信

オリコン

 男性デュオ・コブクロが21日、大阪・京セラドーム大阪で全国ツアー『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB”』(15都市32公演、計28万人動員)のファイナルを迎え、前日とあわせて9万人を魅了。3月20日からスタートした結成20周年記念ツアーの国内公演を打ち上げた。

【ライブ写真】32公演すべて異なるセットリストを用意したコブクロ

 20年前、大阪の路上で歌っていたコブクロが、京セラドーム大阪2daysで9万人を集めた。午後4時過ぎ、モニターには1998年5月の2人の出会いから、結成のきっかけとなった楽曲「桜」の制作、結成までの当時の風景を表現したサンドアートが映し出されるなか、大歓声に迎えられた小渕健太郎と黒田俊介はオープニングナンバーとして「桜」を披露した。

 これまで年々徐々にバンド編成を増やし、20年で変化してきたコブクロサウンドをツアーで表現するため、カホン、ピアノ、ギター、ベース、ドラム、ストリングスと、バンドメンバーを徐々に加えていき、楽曲も完成した年代順に軌跡を表現していった。「蕾」「赤い糸」「未来」などヒット曲オンパレードの豪華セットリストは毎公演数曲ずつ変更され、32公演すべて異なるセットリストを用意した。

 2人何度も感謝の言葉を口にし、小渕は「2人でやっていたら1年目でやめていたかもしれない。もう無理だねって言って音楽難しいねって言ってやめていたかもしれない。でも、1年目にも2年目にも5年目にも10年目にも目の前にお客さんがいてくれました。僕らの鏡のように似た者同士が集まっていてくれました」としみじみ。

 「だから続けてこれたし、何よりうれしいのは、20年目に4万5365人のみんなに囲まれて、20年目を迎えられましたよって言える、今日がみんなからもらったプレゼントだと思ってます。どうもありがとう。その気持ちに応えれるように、その気持ちが誇らしく思えるように、次からもどんどんどんどん、みんなをびっくりさせられるような歌を書いていくだけのエネルギーを、この20周年、僕も黒田もいっぱいもらいました!」と涙声で感謝の気持ちを伝えた。

 京セラドーム公演では4年連続でシークレットゲストを迎え、これまでに宮沢和史(2015年)、布袋寅泰(16年)、EXILE/三代目 J Soul BrothersのNAOTO(17年)、ゆず(18年)と共演してきたが、今回は2月にコラボレーション曲を発表したHONEST BOYZが登場。「SAKURA feat. KOBUKURO」で貴重なステージ共演を果たし、観客を沸かせた。。

 コブクロは「大阪から生まれて20年、本当にありがとうございます! これからも頑張ります! よろしくお願いします!」とあいさつすると、ストリート時代から立ち止まってくれた観客と共に歌ってきた「ココロの羽」、そして「ANSWER」を熱唱。大盛況で国内ファイナルを締めくくり、来月には5年ぶりとなる海外公演として、初の中国・上海公演(8月3・4日)、5年ぶり2度目の台湾・台北公演(8月24日)を行う。

最終更新:7/25(木) 21:55
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事