ここから本文です

エド・シーランの新作、全米でも初登場1位

7/22(月) 11:45配信

BARKS

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、エド・シーランの4枚目のスタジオ・アルバム『No.6 Collaborations Project』が初登場で1位を獲得した。同作は、全英でも首位に輝いており、シーランは今週、英米両チャートを制覇した。オーストラリア、ベルギー、オランダ、ノルウェー、スウェーデンなどのチャートでも1位を獲得している。全米では、セカンド『x』(2014年)、サード『÷』(2017年)に続く3枚目の1位となった。

◆エド・シーラン画像

1週間で17万3,000ユニットを売り上げ、男性ソロ・アーティストによるポップ・アルバムとしては、ショーン・メンデスのセルフ・タイトル・アルバム(2018年 18万2,000ユニット)以来の最大ウィークリー・セールスをマーク。2019年にリリースされたアルバム全体では、ジョナス・ブラザーズの『Happiness Begins』(41万4,000ユニット)、アリアナ・グランデの『thank u, next』(36万ユニット)、ビリー・アイリッシュの『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』(31万3,000ユニット)、バックストリート・ボーイズの『DNA』(23万4,000ユニット)、BTSの『Map Of The Soul: Persona』(23万ユニット)、カリードの『Free Spirit』(20万2,000ユニット)に続く6番目となった。

2位は変わらず、ビリー・アイリッシュの『When We All Fall Asleep, Where Do We Go?』がキープ。先週トップだったDreamville Records所属のヒップホップ・アーティストによるコンピレーション・アルバム『Revenge Of The Dreamers III』は3位に後退した。

今週の全米アルバム・チャートの動きは小さく、シーラン以外に新たにトップ10入りしたアルバムはなかった。

Ako Suzuki

最終更新:7/22(月) 11:45
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事