ここから本文です

コブクロ、京セラドームで完全燃焼「20年間、ありがとう!これからも歌い続けるから!」

7/22(月) 13:12配信

BARKS

コブクロが、全国15都市32公演におよぶ28万人動員の全国ツアー<KOBUKUR 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019“ATB” SUPPORTED BY バイトル>の国内でのファイナル公演を7月20日、21日の2DAYSにわたり京セラドーム大阪にて行った。

◆コブクロ 画像

昨年2018年9月より、結成20周年イヤーとして様々な活動を行ってきたコブクロは、感謝の想いを届けるツアーとして、3月20日の長野公演から4カ月間かけて全国を巡った。20年前に大阪の路上で歌っていたコブクロは、京セラドーム大阪にて2日間で約9万人を動員し、大盛り上がりを見せた。

開演時間を過ぎると会場モニターには、1998年5月の二人の出会いから、結成のきっかけとなった楽曲「桜」の制作、コブクロ結成までの当時の風景を表現したサンドアートが映し出され、2人が登場すると集まったファン4万5千人が大歓声をあげるなか、1曲目に「桜」を披露した。ここから、年々バンド編成を増やし20年で変化してきたコブクロサウンドをツアーで表現する為、カホン・ピアノ・ギター・ベース・ドラム・ストリングスと、バンドメンバーを徐々に登場させ、楽曲も完成の年代順にコブクロの歴史を表現していった。

今ツアーは、昨年末にリリースされたコンプリートベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』を引っ提げ、20周年らしく2人の歴史を感じられる曲順と、「蕾」「赤い糸」「未来」などヒット曲オンパレードのセットリストを用意。さらに、数曲ずつセットリストの内容を変更させ、32公演中1度も同じセットリストは歌わないというこだわりようだった。

ステージから2人は、「20年の感謝の気持ちを伝えたい!」と、ファンに感謝の言葉を何度も伝えた。また「これからも20年間歌い続けるから!」と、20周年記念ソング「晴々」も披露された。

なお、過去にコブクロは京セラドーム公演に、2015年は宮沢和史、2016年は布袋寅泰、2017年はNAOTO(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、2018年はゆずと、4年連続シークレットゲストを迎えている。今回は、今年2月にコラボレーション楽曲を発表したHONEST BOYZ(R)が2日連続で登場し、コラボレーション楽曲「SAKURA feat. KOBUKURO」を披露した。1曲目に披露したオリジナルの「桜」から色を変えたサウンドとHONEST BOYZ(R)の最高のライブパフォーマンスで、貴重なステージ共演となった。

ストリート時代から立ち止まってくれたお客さんと共に歌ってきた「ココロの羽」、そして「ANSWER」を熱唱し、完全燃焼でツアー国内ファイナルを締めくくったコブクロ。来月8月には、5年ぶりとなる海外公演も決定しており、初となる上海公演と、5年ぶり2度目の台北公演は、コブクロにとって更に視野を広げる新たなチャレンジとなる。

最終更新:7/22(月) 14:40
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事