ここから本文です

網戸、汚れていませんか?少しのお手入れで夏を快適に

7/22(月) 11:19配信

ウェザーニュース

 蒸し暑さが続き、窓を開けて過ごす時間も増えてきましたが、ちょっと待ってください!
 窓を開けたときに引く網戸、汚れていませんか?実は、ちょっとお手入れをするだけで夏の「快適さ」がぐんとアップするのです。

網戸の汚れは風通しにも影響

 虫の侵入を防ぎ、さわやかな風を部屋に通してくれる網戸。快適な生活をアシストしてくれる頼もしい存在ですが、じっくり見ることは少ないですよね。顔を近づけてみると、意外に汚れていることがわかります。

 それもそのはず、家の外側・内側に接している網戸は、砂や泥、排気ガスの粒子、ほこり、料理の際の煙などに、常にさらされている状態。これをそのままにしておくと、網目が汚れでつまったり、カビの発生をうながしたりする恐れがあるのです。

 風通しも眺めも悪くなり、これではせっかくの網戸の“能力”が十分に活かしきれません。

【網戸が汚れたままの状態だと……】
・風通しが悪くなる
・眺めが悪くなる
・窓も汚れやすくなる
・カビの発生する恐れがある

窓から外さずお掃除するには?

 では、網戸にはどのようなお手入れが必要でしょうか。窓メーカーのYKK AP株式会社広報室・南雲 歩さんにうかがいました。

 「普段から、はたきやブラシで網戸を払い、汚れがつきにくい状態を維持することが大切です。また、スポンジや布を使った水ぶき、掃除機を利用することで、軽い汚れなら取ることができます。掃除機を利用する際は、ブラシ付きのノズルをつけると効率よく汚れを落とすことができます」

 年末の大掃除のときや、よほど汚れがひどいときは、窓から外して水洗いする必要がありますが、普段のお手入れは窓から外さなくても、手軽にできることがいろいろあります。ただ、お手入れの際には気を付けなければならないこともあります。

 「強くこすりすぎないことです。強くこすると、網目がよれて広がったり、破損したりする恐れがあるからです」

 最近の網戸は網そのものも進歩しており、以前の網戸に比べて汚れがつきにくくはなっているそうです。とはいえ、普段からのちょっとしたお手入れで、網戸がもたらしてくれる「快適さ」はぐんとアップします。

 ほかにも網戸の簡単なお手入れ方法として、不要になったストッキングに、古い靴下や布をつめて丸めてふくといった方法もあります。

 毎日お手入れする必要はありませんが、こうしたちょっとしたお手入れを習慣づけたいですね。その際は、「力を入れ過ぎない」こともお忘れなく。

ウェザーニュース

最終更新:7/22(月) 11:19
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事