ここから本文です

静岡・浜松などで1時間に約110mmの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

7/22(月) 22:30配信

ウェザーニュース

東海地方は大気の状態が不安定になっていて、静岡県や愛知県で激しい雨が降っている所があります。

 静岡県浜松市南部、磐田市、湖西市、愛知県豊橋市東部ではそれぞれ、1時間に約110mmの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表し、災害への警戒を呼びかけています。

▼静岡県で猛烈な雨
22時10分までの1時間に、
 浜松市南部付近で約110mm(解析雨量)
22時20分までの1時間に、
 磐田市付近で約110mm(解析雨量)
 湖西市付近で約110mm(解析雨量)

▼愛知県で猛烈な雨
22時20分までの1時間に、
 豊橋市東部付近で約110mm(解析雨量)

停滞する雨雲の下では土砂災害等に警戒

 地形や風向き次第では、数時間にわたって局地的に激しい雨が降り続けて、災害が発生するおそれがあります。低地の浸水や河川の増水・氾濫、土砂災害等に警戒してください。

 避難の際は河川や急な斜面等には近づかず、避難が困難な方は家の中の斜面から離れた上の階で過ごすようにしてください。

記録的短時間大雨情報とは

 気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

 この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。

ウェザーニュース

最終更新:7/22(月) 23:04
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事