ここから本文です

イランが英タンカーを拿捕、その瞬間の映像

7/22(月) 8:50配信

ロイター

 この劇的な映像は、英船籍のタンカーが拿捕された瞬間を撮影したとされている。イランの革命防衛隊がオンラインで公開した。タンカーの名前がはっきりと映っている。
 映像では、機関銃を手にした覆面姿の部隊が、ヘリコプターからタンカーのデッキに降下している様子が確認できる。
 またドライアド・グローバルが入手した音声記録では、部隊がタンカーに乗り込む直前にタンカーが方向転換を命じられる瞬間や、タンカーを妨害しないよう英軍艦が警告する音声が記録されているという。
 タンカーは現在、イランの港バンダル・アッバスに停泊中で、乗組員23人はまだ乗船している。
 イランは21日、乗組員は「無事で健康」だと発表した。
 イランの駐英大使はこの日、緊張の高まりに警鐘を鳴らした。タンカー拿捕を受け、英当局者は制裁の可能性を否定しなかった。
 ホルモズガン州の港湾・海事機関のトップは20日、タンカーが呼び掛けを無視してイランの漁船と衝突したと発表。英国はこれを否定している。
 国際的に極めて重要な航路でのタンカー拿捕は、既に緊張状態にあるイランと西側諸国の関係を悪化させている。
 モーダント英国防相は「敵対行為」だとして拿捕を非難した。ハント英外相は、イランが「違法で安定性を損なう危険な道」に向かうことを懸念していると述べた。
 英政府は英国の船舶に対し、一時的にホルムズ海峡を回避するよう勧告した。
 英海軍は2週間前、ジブラルタル沖でイランのタンカーを拿捕。EUの制裁に反してシリアに原油を密輸していた疑いがあるとした。
 英国は19日、このタンカーの拘束期間を1カ月延長した。延長発表から数時間以内に、英船籍のタンカーは包囲された。

最終更新:7/22(月) 10:37
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事