ここから本文です

イズナー 2年ぶり4度目の優勝、22歳新鋭にストレート勝ち<男子テニス>

7/22(月) 7:55配信

tennis365.net

ホール・オブ・フェーム選手権

男子テニスのホール・オブ・フェーム選手権(アメリカ/ニューポート、芝、ATP250)は21日、シングルス決勝が行われ、第1シードのJ・イズナー(アメリカ)が第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)を7-6 (7-2), 6-3のストレートで破り、2017年以来2年ぶり4度目の優勝を果たした。

【イズナー「長い間動けなかった」】

この試合、ファーストサービスが入った時に79パーセントの確率でポイントを獲得したイズナーは、初対戦となったブブリクに1度ブレークを許したものの、自身は3度のブレークに成功。1時間15分でタイトルを勝ち取った。

34歳のイズナーは今季、3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)の決勝戦以降、左足のけがによりツアーを離脱。6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で約3カ月ぶりに復帰していた。

男子プロテニス協会ATPの公式サイトではイズナーの優勝後のコメントが掲載された。

「この3カ月の間、コートでの時間が確実に足りていなかった。力を取り戻す最善の方法は時間をかけてコートで試合をすること。それが最も重要。今年はたくさんの大会でプレーしたわけではないが、今のところは良い1年になりそうだ」

一方、敗れた22歳のブブリクはツアー初優勝を飾ることはできなかった。

最終更新:7/22(月) 7:55
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事