ここから本文です

恐れ入った! キズナ産駒ビアンフェに「もしかしたら」の期待【函館2歳S回顧】

7/22(月) 19:18配信

優馬

競馬専門紙「優馬」佐藤直文のレース回顧

 世代最初の重賞ということもあってか、早熟性も含めた現時点での完成度が問われ、なかなか勝ち馬が大成しないレースでもあるが、1分9秒2の好タイムと勝ちっぷりの鮮やかさ、そして500キロを超える馬体からは将来性も感じさせる今年の勝ち馬には、もしかしたらの期待をかけてもいいだろう。

 そのビアンフェ。スタートは一完歩ほど出遅れたが、二の脚が抜群に速く、最内枠も利してアッという間にハナを奪った。前半3ハロンは33秒6と、レース水準を上回るラップだったが、走りには余裕があり、まさにスピードの違いで押し切った形だ。半姉ブランボヌールが4年前にこのレースを制し、母もこのコースで2勝という血統背景から、舞台適性の高さも抜きん出ていたことは確かだが、直線は独走で最後は流しての圧勝劇には恐れ入った。

 2着タイセイビジョンは、出遅れに加えて序盤では追走に苦労していたが、上がりはメンバー最速で目立つ末脚を見せた。ただ、1200mではいかにも忙しく、距離が延びてのタイプだろう。

 3着プリンスリターンは、好位を手応え良く追走し、勝ち馬には引き離されたものの渋太く脚を使っていた。ソツのないレース運びができるセンスがあり、函館の馬場も合っているのだろう。

 4着パフェムリは、直線で前が壁になり、内に進路を見つけて差を詰めたもの。少し惜しまれる競馬だったが、これまた距離が延びて良さそうなタイプだ。

 5着レッドヴェイパーは、出遅れが致命的で、ジョッキーも少し焦ったのか道中もスムーズに運べなかった。ただ、それでも掲示板は確保したあたりが能力の高さであり、先々に期待したいところだ。

最終更新:7/22(月) 19:18
優馬

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事