ここから本文です

光の到達距離1400m超!とにかく“飛ぶ“モンスターライト「X65 MINI」

7/22(月) 7:00配信

&GP

18650電池4本でMAX12000ルーメン

ACEBEAMがまたとんでもないライトを出しましたのでご紹介したいと思います。それが「X65 MINI」です。

【詳細画像はこちら】

18650電池4本、MAX12000ルーメンと聞いた際には、あまりピンときませんでした。同ブランドの「X45」が同じ電池4本で、17000ルーメンを発揮します。どういう意味の下位互換かな? と思ったものですが…。

深いリフレクターで到達距離は1403m

リフレクター、深っ!
やばい深さですね。しかも底に見えているのはXHP35 HI。飛ばし系LED+ディープリフレクター。「飛ばすぞ!」という意思をひしひしと感じる仕様になっています。

ひとつひとつのリフレクターは有効開口径で43mmもあります。換算すると50mmクラスのヘッドサイズ。それだけでも十分飛び系ですが、それを5つ束ねたのが、この「X65 MINI」です。

中心照度も驚くほど高いのですが、周辺光も明るいため、中心だけが目立つ「K70」や「T27」とは雰囲気の異なる照射です。

メーカー公称値ですが、中心照度は492000Cd、到達距離に至っては1403mに及びます。このクラスの大口径ライトとしては珍しく、周辺光も狭いですね。しかしMAX 12000ルーメンですから照り返しも凄まじく、多少広い程度の室内では完全に死角がなくなる感じがします。

2ルーメンのULTRA LOWモード

その一方で、ULTRA LOWモードは2ルーメン。このサイズのライトで2ルーメン…。何に使うんでしょうね? しかし5灯合計で2ルーメンですから、1灯0.4ルーメンということになります。電子制御のパフォーマンスを誇示するような設定。

こちらはMED2の1500ルーメン。「ULTRA LOW」から「TURBO」まで合計6段階の調光が可能。ACEBEAMのライトは基本的に器用ですね。大光量や遠距離照射に憧れて購入しても、普段使いもきっちりこなせる汎用性があります。

カートリッジ式のマルチバッテリー

4本の18650電池はカートリッジに収納。多くのメーカーで、マルチバッテリーの収納方法にはブレがあるのですが、ACEBEAMは後発メーカーだけあってきっちりと規格化・統一化されており非常にスマートに感じます。

「X80」「X45」「K65」「K75」など、18650×4本表記のライトのカートリッジは基本的に互換性があります。他社の場合、互換性があるのは2~3機種で、世代が変わるごとに微妙に仕様がずれていくことが多いので、ACEBEAMの統一性は目を引きます。

ボディの全体的なデザインは「エースビーム感」に溢れています。仕上げもいつものように素晴らしく、後悔することはないでしょう。

「X65 MINI」の光量と照射距離

なかなかこのクラスのライトを個人で活用するのは難しいかとは思いますが、需要が多いのも事実です。また、1000ルーメンクラスを照度を落とさず維持するには、これくらいのボディサイズとスペックが必要です。「リアルに」1000ルーメンを必要とする人には、ACEBEAMのXシリーズは魅力的な選択肢になります。中でも「X65 MINI」は一番飛ぶライトとなります。(3万1991円:アカリセンター価格)

(文・写真/アカリセンター)

最終更新:7/22(月) 17:06
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事