ここから本文です

吉本興業の岡本社長が会見、「反社排除の対策が不十分だった」

7/22(月) 21:07配信

東京商工リサーチ

パワハラまがいの発言は冗談だった

 所属タレントの「闇営業」問題に揺れる吉本興業(株)(TSR企業コード: 575599758、大阪市中央区)の岡本昭彦社長が7月22日、都内で会見した。会見には数百名の報道陣が集まった。
 会見は7月20日、宮迫博之氏(雨上がり決死隊)と田村亮氏(ロンドンブーツ1号2号)の2名が、反社会的勢力の会合への参加や金銭受領などを単独会見で公表したことを受け急遽、開催された。
 7月19日、宮迫氏は吉本興業から契約解除の処分を受けたが、岡本社長は「意思疎通が取れていなかった」とし、宮迫氏と田村氏に謝罪。宮迫氏の契約解除の撤回を表明した。
 岡本社長は時おり涙ぐみ、信頼回復を目指す意向を示した。しかし、パワハラまがいの対応について質問されると、岡本社長は「冗談だった」と苦しい弁明に終始。巨大組織で、公共性の高い吉本興業だが、社長会見で皮肉にもガバナンス(企業統治)やコンプライアンス(法令順守)の理解の薄さが浮き彫りになった。

これまでの経緯と宮迫氏らの会見

 写真週刊誌「フライデー」が闇営業を報道したのを受け、吉本興業は6月24日、タレントの宮迫博之氏や田村亮氏など11名を当面の活動を停止する謹慎処分を発表した。
 また、吉本興業は6月27日、「あらゆる反社会的勢力との関係は一切有しておらず、今後も一切の関わりをもたないことを固く誓約・宣言いたします」と「決意表明」を公表していた。
 その後も、宮迫氏らと会見や引退などについて協議を重ねていたが、7月19日に宮迫氏の契約解除を発表。すると翌20日、宮迫氏と田村氏が電撃的な会見を開いた。
 宮迫氏らは会見で、「いわゆる反社会的勢力と気づかずに吉本興業も自社のタレントを派遣し、そこから入ったスポンサー料でギャラを支払っている」と、吉本興業の社会的な責任にも言及した。
 また、岡本社長から「テープを回してないか」、「一人で会見したら全員連帯責任で首にするからな」と言ったとされ、パワハラ疑惑まで浮上していた。

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 21:09
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事