ここから本文です

大阪熱狂!那須川天心が最強ムエタイ王者の額を必殺技で割り「殺傷能力がついた」と豪語

7/22(月) 6:00配信

THE PAGE

キックボクシングの「RISE WORLD SERIES 2019 」の58キロ以下の世界トーナメントの準決勝などが21日、大阪のエディオンアリーナ大阪で行われ、那須川天心(20、TARGET/Cygames)が、ムエタイのルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級王者であるスアキム・PKセンチャイムエタイジム(23、タイ)を3回1分13秒ドクターストップによるTKO勝利で撃破して、9月16日に幕張メッセで行われる決勝進出を果たした。

必殺の胴回し蹴りに「骨が見えていた」

 狙っていた。
「相手がどんどん雑になっていたんですよ。だから、これが絶対合うなと」
 上下のパンチ攻撃で一度、スアキムを下がらせておいて反撃を誘い、その打ち終わりに非凡な空間認識能力を持つ天心ならではの一撃を浴びせた。
「前に来たので回った」
 クルっと一回転して狙いを定めた、その踵は、最強タイ人の額を直撃、ざっくりと割った。たちまちの流血。
「骨が見えていたらしいんです。会心の一撃」
 長いドクターチェックの後、ドクターストップが出たのもやむをえなかった。衝撃の胴回し回転蹴りである。
 堂々のTKO勝利。昨年2月に「KNOCK OUT」で5ラウンドルールで対戦して僅差の判定勝ちをしたスアキムとの再戦に完全決着をつけた。
 ここ数試合、相手をカットさせ流血させる展開が続いている。
「殺傷能力もついた。パンチでも蹴りでも切っている。それは武器。自信につながっている。サムライです」
 自らをサムライと評するのも誇大表現ではない。
 だが、天心は、試合後、すぐにモニターに見入った。
 納得していなかった。
「反省点だらけ。体幹が強くなってきたので、今回は、打ち合いができるんじゃないかと思って、中、中、中で戦おうとし過ぎた。この相手に試そうとし過ぎた。チャレンジャーな自分過ぎた。僕のいい所は出入り。もっとヒット&アウエーをしてポイントを取っても良かったかなと思うが、それでは納得がいかない。迷いというか、倒そうと思い過ぎた」
 天心が「最強」と言い続けてきたムエタイの本物を相手にいくつかの「過ぎた」がある。そして「試した」というのだから驚きである。

「冷静に入れた」という1ラウンドに戸惑いがあった。
「もっとガンガン出てくる」と想定していたムエタイ王者が「思ったより来なかった」のだ。
 ワンツーを主体にパンチで主導権を握ろうとしたが、そこには目に見えない攻防があった。
「距離も凄く遠かった。スアキムの背が大きく、ワンツーのツーが浮いちゃって、そこにフックを合わせられていた。対応しないとやばかった」
 対応を考えた天心は逆に右フックを積極的に使う。このラウンドの終盤にはワンツーで下がらせて前蹴りが顎をとらえた。
 2ラウンドもパンチを中心にしたスタイルでプレスをかけリング上を支配した。
「フェイントするだけで下がる。パンチを警戒していた。研究されていた。ストレートはほぼ当たらない。でも、フックは当たった。フックを利かせたのは初めて。感触はつかめた」
 このラウンドの終わりには、大晦日に対戦したボクシングの元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)ばりのスウェーで相手のパンチをすべて見切って外す。芸術的なディフェンス技術を披露して満員札止めの会場を沸かせた。

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 9:11
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい