ここから本文です

ポルトガル中部で山火事、消防隊員1700人が消火活動 現場の映像

7/22(月) 14:58配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月22日 AFP】ポルトガル中部の山岳地帯で21日、大規模な山火事が発生し、消防隊員約1700人が飛行機やヘリコプターとともに消火活動にあたっている。同地帯では2017年の山火事で100人以上の犠牲者が出ている。

 救助当局によると、山火事が発生したのは首都リスボンの北200キロにある森林の多いカステロブランコ(Castelo Branco)県で、消防隊員約1700人と車両400台が配備され、動員態勢は同地域では過去最大規模となった。

 内務省によると、山火事で約20人が負傷。うち8人が消防隊員で、12人が民間人だという。民間人1人は重度のやけどを負い、ヘリコプターでリスボンに搬送された。

 エドゥアルド・カブリタ(Eduardo Cabrita)内相は記者団に、火事がまだ続いていると述べた。

 警察によれば、カステロブランコ市郊外で放火した疑いで55歳の男が市内で拘束されたが、同市の郊外は山火事の中心部からは離れた場所となっている。カブリタ内相は、放火の可能性を視野に当局は調べを進めていると明らかにした。

 映像前半は20日、後半は21日に撮影。(c)AFPBB News

最終更新:7/22(月) 21:18
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事