ここから本文です

田中将大、「ホームラン問題」が悪化し、5失点も7勝目

7/22(月) 6:35配信

J SPORTS

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大は、日本時間21日(現地20日)に本拠地でのロッキーズ戦で先発し、6回に一挙5失点を喫するなど、6回7安打5失点ながら、打線の援護もあり、今季7勝目を挙げた。

ヤンキースは本塁打こそ飛び出さなかったものの、大量11得点を挙げ勝利。これで本拠地での直近15のカードで14の勝ち越し、1つの五分とした。

『MLB.com』が掲載した試合の速報記事によると、現在のヤンキースタジアムになってから、これは2番目に長い、シリーズ連続負け越しなしの記録となっている。

◆試合結果

COL|0 0 0 0 0 5 0 0 0|5
NYY|1 5 0 3 0 0 2 0 X|11

なお、同記事でこの日の田中の投球は、ブーン監督の言葉を交え、次のように伝えられている。

「ヤンキースがホームランなしに抑えられた一方、ロッキーズはノーラン・アレナドが3ランホームランを放つなど、ヤンキース先発のマサヒロ・タナカから6回に5得点を挙げた」。

ロッキーズを5イニングで零封していた田中は、スプリットの制球を失い始め、特にホームランを打たれた投球で、その代償を払うこととなった。

「あの最後のイニングに彼のスプリットはフラットに(落ちなく)なっていた」とブーン監督は述べた。

「アレナドはあのスプリットを捉えたが、あれはどちらかというと甘く入ったツーシームの速球みたいな感じだったから、彼はあの投球で指の掛かりが悪かったのだと思う。あの時点までは、今日彼の投球はとても良かったと思う」。

「今季、彼にとって、これは避け難いこととなっていて、試合中、あるいは先発と先発の間に彼は答えを模索しているんだ。彼にとって本当に一貫していたわけではないが、今日の状況にも要因はあった」。

「試合前半は、(ヤンキースが攻撃する)裏の回がとにかく長かったし、もちろん暑さやなんかもあった。だから、原因をはっきりと指摘するのは難しい」。

一方、『CBSスポーツ』は電子版に掲載した記事で、「最高の状態でなかったタナカは、85球を投げ、空振りで奪ったストライクは6球だけだった」と掲載。

この日、本塁打を許したことについて、「今季右腕の奪三振率は下がっており、気温が上昇する中、彼のホームラン問題は悪化した(直近の52回2/3で11ホームラン)」と指摘した。

田中は来週のレッドソックス戦で先発する予定となっている。

J SPORTS 編集部

最終更新:7/22(月) 6:35
J SPORTS

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(月) 20:55

あなたにおすすめの記事