ここから本文です

2年前に起きた中国道でのタイヤ落下事故 トラック運転手ら4人を書類送検 岡山

7/22(月) 12:31配信

KSB瀬戸内海放送

 2017年、岡山県津山市の中国道でトラックが落としたスペアタイヤが原因で親子2人が亡くなった事故で、岡山県警は、整備を怠ったなどとしてトラックの運転手と運送会社の営業所長ら合わせて4人を書類送検しました。

 2017年10月、津山市の中国道で落ちていたスペアタイヤに乗り上げた大型トレーラーが横転し、道路脇に避難していた親子2人がはねられ死亡しました。

 事故の原因となったスペアタイヤは、運送会社ムロオの松江営業所のトラックのもので固定装置などがさびていました。

 岡山県警は、さびを認識しながらも整備を怠ったことが事故につながったとして、トラックの運転手(46)を過失運転致死の疑いで、営業所長(48)を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。

 また、大型トレーラーの運転手(49)を過失運転致死の疑いで、その運送会社と役員(51)を道路法違反の疑いで書類送検しました。

 4人は容疑を認めているということです。

最終更新:7/22(月) 18:35
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事