ここから本文です

近鉄が躍進。釜石は価値ある1勝。トップリーグカップ2019プール戦を振り返る。

7/22(月) 17:02配信

J SPORTS

6月22日(土)に開幕した国内最高峰の戦い「トップリーグカップ2019」は、7月20日(土)にプール戦の全日程を終了し、ベスト4が出揃った。

8月4日(日)開幕のプレーオフに進出するのはサントリー、東芝、クボタ、神戸製鋼。いずれもプール戦は全勝だった(クボタの1勝は不戦勝)。

今季のトップリーグは、秋にワールドカップ日本大会が開催される影響で、2020年1月に開幕する。そのため日本代表選手以外の試合数を考慮し、ワールドカップ前の6月~8月に大会が設けられた。

今大会の特徴はトップリーグ(TL)、トップチャレンジリーグ(TCL)による史上初の合同大会であること。

出場辞退のトヨタ自動車をのぞくTLの15チームに加え、TCLの8チームの計23チームが参加。4組に分かれ、1回戦総当たりを行ってきた。

それではTCLチームの躍進もあったプール戦を振り返ろう。

【プールA】
1位 サントリー:勝点24(5勝0敗)
2位 パナソニック:勝点20(4勝1敗)
3位 Honda:勝点14(3勝2敗)
4位 日野:勝点12(2勝3敗)
5位 栗田工業:勝点4(1勝4敗)
6位 清水建設:勝点0(0勝5敗)

パナソニックとの全勝対決(第5節)を23-19で制したサントリーが首位となった。

サントリー戦のパナソニックは、トライ数では3対2で上回った。しかしサントリーは36歳の司令塔マット・ギタウが3つのPG(ペナルティーゴール)を決めて競り勝った。

4位の日野は開幕戦でパナソニックに2点差の惜敗(29-31)。最終節でもHondaに5点差(19-24)で退けられ、3位の座を奪われた。

5位には大会初勝利を懸けた清水建設との一戦に21-10で勝利した栗田工業が入っている。

【プールB】
1位 東芝:勝点23(5勝0敗)
2位 NTTコミュニケーションズ:勝点20(4勝1敗)
3位 ヤマハ発動機:勝点16(3勝2敗)
4位 NTTドコモ:勝点10(2勝3敗)
5位 宗像サニックス:勝点4(1勝4敗)
6位 九州電力:勝点1(0勝5敗)

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 17:02
J SPORTS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事