ここから本文です

ベイルの代理人がジダンを痛烈批判「彼は恥だ」

7/22(月) 8:38配信

SPORT.es

スポーツ紙『As』によれば、ガレス・ベイルの代理人ジョナサン・バーネットが監督ジネディーヌ・ジダンを痛烈批判した。

バルサとネイマールの現状は?「具体的なオファーは届いていない」

ジダンはバイエルン・ミュンヘン戦(3-1)でベイルを選手リストに加えず、「もし彼が明日出ていくなら、そのほうがいい」とまで発言した。

バーネットはジダンを次のように批判している。
「もしガレス・ベイルがマドリーを出ていくのなら、彼がそう望んでいるからだ。ジダンやマドリーが彼をプッシュしているからではない。彼は今も世界最高の選手の一人だ。マドリーの選手のうちで5本の指に入る、彼は今後も強豪クラブの一員であり続けるだろう」

■移籍先候補の情報無し
ベイルの移籍は明らかにしたものの、バーネットは移籍先クラブの情報を明らかにしていない。トッテナムへの復帰が噂されているが、バイエルン・ミュンヘン移籍説もある。またポール・ポグバを獲得するためのトレード要員としてマンチェスター・ユナイテッドへ移籍するという噂もある。

AFP通信のインタビューで、バーネットはジダンを「彼は恥だ。レアル・マドリーの為に大いに貢献した選手に対するリスペクトを示さない」と痛烈に批判している。

SPORT.es

最終更新:7/22(月) 8:38
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事