ここから本文です

Mart読者に聞きました「ジェネレーションギャップを感じるときは?」

7/22(月) 12:01配信

magacol

元号が令和に変わって早2カ月。皆さんは「自分と違う世代の人が言っている言葉や話がわからない!」なんてことはありませんか?
今回は、「ジェネレーションギャップ」について、Mart読者がどのような昭和と平成の世代間ギャップを体験しているかを調査!気になる結果は…?

Q.1 自分と違う世代の人と話していて、ジェネレーションギャップを感じたことはありますか?

「Yes」と答えた人が全体の約3/4という結果に。やはり大半の人が、年齢が離れているママ友などと会話をするときに、「使っている言葉がわからない!」と一度は世代間の差を感じたことがある様子でした。


Q.2 平成世代と話していて、わからなかった言葉はなんですか?

・「エモい」→英語の「エモーショナル」が由来で、感動的なさまを表す。例:「この映画エモいからおすすめ」
・「ワンチャン」→「ワンチャンス」の略。もしかしたら成功するかもしれないこと。決して犬のことではない。例:「明日の試験、ワンチャン受かってるよ」
・「マジ卍(まんじ)」→定まった意味はなく、主にテンションが上がったときなどに使う。例:「今日のフェス、マジ卍だった!」
・「り。」→「了解」がギリギリまで省略された言葉。短すぎてもはや理解不能。例:(LINEで)「今日〇時集合ね!」「り。」
・「草」→「(笑)」の意。ローマ字入力時の「w」が草に見えることから。「生える」と併せて使う。例:「あの芸人のコント、マジで草」
・「あざまる」→「ありがとうございます。」の意。「。」を「まる」と読み、省略されて「あざまる」に変化。某居酒屋店とかけて「あざまる水産」と言うことも。


Q.3 通じなかった話題やエピソードを教えてください。

・音楽や芸能
「カラオケの選曲。年の差があるから仕方ないと思いましたが、自分が老けたように感じます」(まあさん・47歳)
「平成生まれの子に篠原涼子が『歌手だったんですか!?』って驚かれて、小室ファミリーだったことも知らないなんてこっちがびっくり」(まーおママ・35歳)

・ビデオ・パソコン
「私以外のママたちは誰もパソコンを持っていなかった。今の若いママたちはネットもスマホの時代なので、パソコンが必要ないんだなと思いました」(こまま・42歳)
「昔はテレビ番組をビデオテープに直接録画しており、上書きされたくない大事なビデオは、つめを折っておいたんだよーと言ったら何を言っているのかさっぱりわからないと言われた」(あずみん♪・32歳)

・その他
「新卒の新入社員との会話で3年前にできたお店を『あそこのついこの間できたお店』と言ったら、『だいぶ前ですよー』と突っ込まれてしまった。時間経過の感覚にズレがあるんだと思い知りました」(オシエリ・40歳)

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 12:01
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事