ここから本文です

れいわ新選組に4億円の寄付、メディアに頼らない“盛り上げ“ 山本太郎代表の選挙戦

7/22(月) 15:44配信

BuzzFeed Japan

4月10日に旗揚げしてから3カ月。7月21日に投開票があった参議院議員選挙で2議席を獲得した、れいわ新選組。政党要件を満たす結果となった一方で、山本太郎代表は落選した。自身の議席を逃したことが伝えられると、山本代表は「後悔はない」と開票センターの壇上に立ち、支援者らに向かって語り始めた。なぜ、後悔はないのか。今後の展望とは。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

れいわ新選組は、比例区と選挙区で計10人の候補者を擁立した。

比例区で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者で人工呼吸器を装着した舩後靖彦さんと、重度身体障害のある木村英子さんには、「特定枠」を適用。

得票が一定数を超えれば優先的に当選する仕組みで、山本代表が当選するには、2人を当選させたうえで、さらに得票を積み増さねばならないという「背水の陣」を敷いた。

結果は、その2人が当選した。だが、山本代表が当選するには及ばなかった。

ただし、山本代表は「一切、後悔はないです。当然ですね」と結果を見つめた。

「最初は(山本代表の)1議席でしたけど、今回2議席になった。政党要件もついた」

そして、当事者2人を国会に送り出せたことで、日本の障害者施策やバリアフリー、寝たきりに関した問題も「大きく前進するだろう」と語り、前向きな姿勢を見せた。

「10人立候補して10人通せなかったのは、完全に私の力不足。私自身も議席を得られなかったのは、非常に残念です」

「ですが、2議席を頂戴し、政党要件も満たした。それを見れば、決して負けてはいない。れいわ新選組としては大きく前進し、山本太郎の1議席と引き換えに手に入れたものは、比べられないほど大きなものだったと思います」

れいわ新選組は、公職選挙法などが定める「政党要件」を満たしていなかった。このため、要件を満たす他党に比べると報道各社の扱いが少なかった。

テレビなどでもっと報じられ、有権者に認知されていれば、議席を伸ばせたのではないか。陣営側は認識を一致させている。

とはいえ、今回、政党要件を満たす結果に。それにより、今後、メディア露出が増えたり、資金面などで優遇されたりと、「天と地の差がある」と表現。こう総括した。

「旗揚げした理由は、まず最初に国会の中に緊張感を生み出せるような野党勢力を作りたいと思ったことが一点。1番の狙いは、政権をとるということ。(衆院選に向けて)大きな成果を得られた」

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 15:44
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事