ここから本文です

大船渡一丸でつかんだ1勝!久慈を破り準決勝へ!

7/22(月) 15:47配信

高校野球ドットコム

 プロ最注目の佐々木 朗希擁する大船渡が準々決勝を迎えた。

 前日の大船渡対盛岡四の岩手大会4回戦で延長12回194球を投げ抜い佐々木は、久慈との準々決勝では、ベンチスタートとなった。

 試合は大船渡が主導権を握る。しかし6回7回に久慈打線の集中打で同点に追いつかれる。その後は両投手の好投が続きスコアボードに0が並ぶ。試合が再び動いたのは延長11回。大船渡打線がつながり2点を追加。その裏、和田がしっかりと試合を締めベスト4入りを果たした。

 勝利した大船渡は24日に準決勝で盛岡三と一関工の勝者と対戦する。

最終更新:7/22(月) 15:47
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事