ここから本文です

韓・東国製鋼、伯スラブ20万トン活用

7/22(月) 13:28配信

日刊産業新聞

 【ソウル19日=正清俊夫】韓国の東国製鋼はブラジルのスラブ一貫製鉄所、CSPのスラブ活用を2019年も昨年並みの20万トン程度と想定している。CSPはフル生産を目指しており、生産は上向くが、スラブ市況が改善するなかで、スポット販売が収益に有利な市場環境。東国製鋼は自前の母材調達よりCSPの業績改善を優先する考えだ。

最終更新:7/22(月) 13:28
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事