ここから本文です

「全員クビ」⇒「ええ加減にせえ」の意味。宮迫・田村の3つの告発を吉本興業側が釈明

7/22(月) 16:28配信

ハフポスト日本版

吉本興業の複数の所属タレントが反社会勢力の関与するパーティーに出演し、事務所を通さずにギャラを受け取っていた「闇営業」問題を受けて、同社の岡本昭彦社長らは7月22日、都内で記者会見を開いた。

同社から契約解除された雨上がり決死隊の宮迫博之さんと、謹慎処分になったロンドンブーツ1号2号の田村亮さん(同日、岡本社長が撤回を表明)20日、独自に記者会見を開いて謝罪。加えて、週刊誌報道の一部については否定し、2人に対する岡本社長の圧力とも取れる言動について告発していた。

岡本社長・藤原寛副社長ら吉本興業側は2人が話した内容について大筋で認めた。一方で、いずれも誤解だった、あるいは圧力をかけようとする意図ではなかった、として釈明している。

2人が岡本社長から言われたと記者会見で訴えた3つの発言と、岡本社長の釈明をまとめた。

関係者以外を外に出し「テープ回してないやろな」 ⇒冗談だった

【宮迫・田村の主張】

6月24日になって、宮迫ら関係した芸人たちと吉本の会社側とが協議し、田村さんが改めて会見を求めた。 これに対し、岡本社長は関係者以外を部屋の外に締め出した上で、「お前らテープ回してないやろな。亮、ええよ。お前辞めて1人で会見したらええ」と言ったという。

宮迫博之さんらの会見要求に「やってもええけど、全員連帯責任でクビにするから」 吉本の社長が圧力か


【吉本興業の主張】

「テープとってんちゃうの」っていうのは、僕的には、そのミーティングに参加をして、打ち合わせがなかなか進んでいなかったので、しゃべりづらいのか、環境が違うのか、なので、その4人(弁護士ら)に退出してもらって、僕1人と彼ら4人で向き合ったときに一つは冗談でテープとってんちゃうのんって。

そこに至る経緯が、そもそも彼らのもらっていないというところから始まったこと。その後もらっていることになったこと。会社としては全力でやりながらも、お互いに不信感があるなら、それはよくないと思いながら、そういう冗談といいますか、和ませるといいますか。

(岡本社長の記者会見発言より 2019/07/22)

1/3ページ

最終更新:7/22(月) 16:31
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事