ここから本文です

「全員クビ」⇒「ええ加減にせえ」の意味。宮迫・田村の3つの告発を吉本興業側が釈明

7/22(月) 16:28配信

ハフポスト日本版

「静観」発言 ⇒「しっかり確認作業をしようと」

【宮迫・田村の主張】


会見では、宮迫と田村の2人が、会見を開きたいと再三にわたって吉本側に依頼をしていたことが明らかになった。ところが、吉本は「静観する」「時期はこちらで決める」などと答え、誠実な対応をしなかったという。

宮迫博之さんらの会見要求に「やってもええけど、全員連帯責任でクビにするから」 吉本の社長が圧力かより


【吉本興業の主張】

静観という言葉を使ったかどうかははっきり言って覚えていない。

亮君から、お金を受け取っているらしいという話がありました。宮迫さんも他のメンバーも全員集まって一度話を聞こうと集まった。そのときにみんながお金を受け取った、亮君がお金を受け取ったという話しだった。宮迫さんの方は、自分は記憶は定かで無いがメンバーが受け取ったというので受け取ったという感じだったが、いままで聞いていたこととまったく違う答えだったので信じられない、びっくりする状況にはなっていた。

そのときにこの件が発覚した状況で、各関係者さん、テレビ局さん、関わる企業さん他関係者のみなさんに謝罪も含めてご報告していた件とまったく違うことになるので、これからどうしようかという思いになっていたのは覚えている。

しっかり確認しないといい加減なことで報告するわけにはいかないという思いもあった。ちゃんと聞いて対応も含めて考えないといけないと考えると、静観というと、まったく動かない感じに聞こえるが、静観という言葉は使っていないと思うが、しっかり確認作業をしないといけない状況にはなっていた。

(藤原副社長の記者会見発言より 2019/07/22)

ハフポスト日本版

3/3ページ

最終更新:7/22(月) 16:31
ハフポスト日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事