ここから本文です

料理研究家考案!見やすく掃除しやすい雑貨を使った冷蔵庫収納術

7/22(月) 20:02配信

magacol

気をつけないとすぐにごちゃついてしまう冷蔵庫。本格的な夏がくる前に、冷蔵庫内をすっきり使いやすくしておきたいですよね。そこで、冷蔵庫をよく使うその道のプロに、「見える化収納」について教えてもらいました。

今回は、料理研究家・高木ゑみさんの、見やすくて掃除しやすい「手持ちの雑貨で冷蔵庫内見える化収納」についてご紹介します。

教えてくれたのは

料理研究家・高木ゑみさん
フードコーディネーター、Full cafeオーナーシェフとして活躍中。著書は累計20万部突破。献立から後片づけまで、時間に追われる主婦の指南書となった著書『やる気の続く台所習慣40』¥1,200(扶桑社)

見やすくて掃除しやすい「手持ちの雑貨で冷蔵庫内見える化収納」とは?

料理研究家・高木ゑみさんが考える冷蔵庫の収納は、今ある雑貨を上手に使うことがポイント。「実は“ちゃんとする”をやめました」という高木さん。「『見やすい』『取り出しやすい』『清潔』を守るようにしていますが、入れ物を揃える『見た目重視』はやめました。きちんと保存して食べきることで気がラクに」。

【A】上段は100均のグッズで取り出しやすく
「隠れてしまいがちな調味料の瓶や、ケースに入れたビールなど、奥のものを取り出しやすくしています。ドアポケットに入れると隠れてしまうものなど、毎日使わないものの定位置です」(高木さん)

【B】和と洋の朝食セットを完備
パンに塗るバターやスプレッドなどをのせた洋食セット、味噌や豆腐、薬味などをのせた和食セットを並べて。このまとめワザが、忙しい朝もあわてないコツです。

【C】食卓トレイを有効活用!スタメンをスタンバイ
早く食べきりたいものは、トレイに入れて見やすい下の2段に収納。「すぐに食べられるものから調理一歩手前のものまで、食べる優先順が高いものはこちらに置いておきます」(高木さん)

愛用グッズはこの2つ

「フチがしっかりしたトレイ(画像左)は指をかけて引き出しやすいからお気に入り。雑貨屋さんで買ったトレイ(画像右)には、おにぎりやサンドイッチをつくるためのセットを置いています(高木さん)

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 20:02
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事