ここから本文です

バルサ、ホテル内で一風変わったトレーニングを実施

7/22(月) 21:01配信

SPORT.es

エルネスト・バルベルデが『Rakuten Cup 2019』を戦うために招集した26人のメンバーは、13時間の飛行時間を経て、日曜日に日本へと到着している。

グリーズマンとラキティッチが記者会見に登場、安部や去就に関して語る

『楽天』は選手達と理事会の役員も参加したレセプションの中で、アスルグラナの遠征メンバーを歓迎している。

歓迎を受けた後、バルサは休息を取るために滞在する東京のホテルへと戻った。22日の午前には、一風変わったトレーニングセッションを行なった。

ホテルの施設を利用し、パーソナルトレーナーの指導の元、モビリティーのトレーニングとストレッチを行実施した。

同日午後には、プレシーズン最初の親善試合であるチェルシー戦を翌日に控え、町田ゼルビアの本拠地である町田市立陸上競技場で前日トレーニングを行い、その後、アントワーヌ・グリーズマンとイヴァン・ラキティッチは前日会見に出席した。

SPORT

最終更新:7/22(月) 21:01
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事