ここから本文です

Sonar Pocket、野外単独ライブ「水のお祭り」&「炎のお祭り」で10周年締め括り

7/22(月) 9:40配信

Billboard Japan

 Sonar Pocketが、自身初となる野外単独ライブ【10周年Welcome toソナポケスパーランド】を、2019年7月20日に三重県・ナガシマスパーランドにて開催した。

Sonar Pocket その他ライブ画像

 この公演は、メンバー自身が長年応援してくれたファンへ感謝を込めて、1曲でも多く楽しんでもらいたいという事から、昼の部、夜の部と1日2公演敢行し1万人を動員。昼の部は「ベストヒットパレード 水のお祭り」、夜の部は「ベストヒットパレード 炎のお祭り」と題し、セットリスト、演出共に全く異なる内容で、昼夜合わせて36曲を披露した。

 昼の部のオープニングではウォーターキャノンによる大放水と共にメンバーが登場すると、客席からは大歓声が沸き起こり、煌びやかなサンバチームと共に1曲目「ホイッスル!!!」でライブがスタート。昼の部のテーマは「水のお祭り」という事で、客席ではウォーターキャノンの水でびしょ濡れになりながらも笑顔が溢れ、大いに盛り上がりを見せた。デビュ―曲「Promise」からko-daiの「誰よりもがんばってる・・・」にeyeron「光り」とソロ楽曲も披露、そしてSonar Pocketのライブには欠かせない楽曲「ソナサポに贈る歌 ~SSCのテーマ~」など、バラエティ溢れるセットリストとなった。

 そして夜の部「炎のお祭り」は、昼公演のカーニバル感とは趣を全く変え、和をモチーフに大旗が振られる中、熱く硬派な演出で、新曲「SUN of THE SUN」がスタート。陽も暮れ始めると、Sonar Pocketの代名詞とも言えるラブソングを次々と披露。「365日のラブストーリー」「線香花火 ~8月の約束~」「夜空咲いた星の下で。 ~I promise you~」など、HAPPYなラブソングから、儚く切ない楽曲が演奏されると会場では多くの涙が流れた。そして、ライブの定番曲「ソナポケ☆DISCO」では、観客席を巻き込み一体感が生まれ、一番の盛上がりを見せた。

 ナガシマスパーランドでのライブという目標を叶えたメンバーからは、mattyが「デビュー前にここでオープニングアクトとして、ライブをした事があって、いつかワンマンライブをやりたいと願っていました。今日は本当にありがとう」と語り、またeyeronは「始めた頃は何の根拠もなかったけど、諦めなかったからここまで来れた。また1つ夢が叶って本当に嬉しい。俺ら幸せものだ!」、ko-dai は「みんなの笑顔を見ると本当に嬉しくて嬉しくて涙が溢れます。これからもみんなの人生に必要とされるSonar Pocketで有り続けたいと思います。本当にありがとう!」と涙ながらに語った。



◎セットリスト
【10周年Welcome toソナポケスパーランド】
2019年7月20日(土)三重県・ナガシマスパーランド

<昼公演:ベストヒットパレード 水のお祭り>
01 ホイッスル!!!
02 タノシマセ隊!!!
03 going my way
04 enjoy
05 ネバギバ!
06 あなたのうた
07 愛をこめて贈る歌
08 光り
09 誰よりも頑張ってる君へ
10 つぼみ
11 支え
12 Summer Love
13 パーティータイム!
14 サマーデイズ!
15 ソナポケ☆DISCO
16 ソナサポに贈る歌 ~SSCのテーマ~
EN1 Promise

<夜公演:ベストヒットパレード 炎のお祭り>
01 SUN of THE SUN
02 情熱大陸
03 月火水木金土日。 ~君に贈る歌~
04 My Honey
05 ラブレター。 ~いつだって逢いたくて~
06 アリガトウ
07 段々男女物語
08 Oh difficult ~Sonar Pocket×GFRIEND
09 365日のラブストーリー。
10 君と見る未来。
11 Good bye 大切な人。
12 線香花火 ~8月の約束~
13 夜空咲いた星の下で。 ~I promise you~
14 GIRIGIRI
15 青空
16 ソナポケ☆DISCO
17 花
EN1 好きだよ。 ~100回の後悔~
EN2 LOOOP

最終更新:7/22(月) 9:40
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事