ここから本文です

ダイエー、昭和女子大学と協力して「ウォークスルー決済」の実証実験を実施

7/22(月) 14:00配信

BCN

 ダイエーは、デジタルを活用した「買い物支援」と「健康支援」、実店舗での利便性向上を目指す一環として、昭和女子大学と連携して、レジを通すことなくキャッシュレス決済が可能な「ウォークスルー決済」の実証実験を行う。



 クラスメソッドの「ウォークスルー決済」は、売り場内に設置したセンサーとカメラで人の動きを管理し、デジタル陳列棚の重量センサーで手に取った商品を認識することで、商品を持って当該売り場から出ると自動的にクレジットカードで決済が行われる仕組み。スマートフォン専用アプリをかざして入店し、ほしい商品を手に取って退店するだけで、レジ精算やバーコードのセルフスキャンといった作業を行うことなく、買い物を完結できるため、こうしたウォークスルー方式は、物販店舗のキャッシュレス決済の切り札として注目されている。

最終更新:7/22(月) 14:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事