ここから本文です

【あの夏の記憶】埼玉の高校野球番組に抜擢された元球児のイケメン俳優 心に残る“夏の後悔”

7/22(月) 19:45配信

Full-Count

大手芸能プロ・石原プロモーションの「次世代スター発掘オーディション」グランプリの神田穣さん

 第101回全国高等学校野球選手権埼玉大会の開催中に放送しているテレ玉「高校野球ダイジェスト2019」(試合開催日の午後9時~9時30分に放送)のMCに抜擢された俳優の神田穣さんは、自身も埼玉県内の高校の硬式野球部に所属し、仲間とともにプレーした。高校卒業後は単身で渡米し、米国の野球に挑戦。その後、母親が大手芸能プロ・石原プロモーションの「次世代スター発掘オーディション」に応募し、なんとグランプリを獲得。2017年5月に俳優デビューし、この度、愛する野球に携わる仕事に就いた。そんな神田さんが抱く高校野球への思いを聞いた。

【動画】「セカンドに打ってしまえば望みはありません」08年夏、伝説となった常葉菊川の名二塁手・町田友潤さんの今

 神田さんは大会期間中、試合会場に取材に行き、夕方にはさいたま市内にあるテレ玉のスタジオで収録を行っている。

「ひとつひとつの学校にドラマがあります。何のアクシデントもなく夏を迎える学校などないのではないでしょうか。けがに悩んだり、壁に突き当たったり、部員同士でぶつかり合ったり……。それがあるから、みんな試合後に感情が溢れ出てくるのかな。勝ち負けはもちろんですが、それに加え、その裏にある選手たちの魅力、部員同士の友情などを伝えていきたいですね」

 目を輝かせながら、質問に答えていた神田さんが一呼吸を置いて、言葉をつないだ。

「僕も同じような立場で、同じような経験をしてきたので……。ぱっと観ただけでは、野球部で過ごした3年間は見えてきませんから」

 今から6年前の2013年。神田さんは埼玉の立教新座高校の3年生だった。埼玉大会の2回戦、所沢商に敗れて、最後の夏が終わった。

 当時のスタメン表、ベンチ入りメンバーを見ても「神田穣」の名前はない。芸名だから見つからないというわけではなかった。

「神田穣は本名です(笑)。僕は2年生の秋に右肩をけがしてしまい、野球から離れてしまったんです。もう投げるだけでも痛くて……」

 診断結果は全治1年。夏の大会には間に合わない、当時はショートで副将を務めていたが、当時17歳の青年にとっては、受け入れがたい現実だった。練習にも身が入らなくなり、野球部からも遠ざかった。

「当時は何も考えられないというか『もう、いいや』って。でも、同学年のキャプテンが僕のことをずっとつなぎ留めてくれたんです。『(学年全員の)26人で卒団したいんだ』って。辞めさせてもらえなかったです」

 それでも2か月、野球から離れていた期間があった。ただ、筋力トレーニングは続けていたため、新1年生のトレーニング係、世話役として、チームに携わることに。ノックを打つなど裏方にまわった。しかし「チームに戻っても、熱は入らなかったです」

1/2ページ

最終更新:7/22(月) 19:45
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事