ここから本文です

レッドブルF1代表、ホンダにさらなる向上を求める「シーズン後半、もっと強くなるための準備が進行中」

7/22(月) 8:02配信

オートスポーツweb

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、パワーユニットパートナーであるホンダが2019年シーズン後半、さらにパフォーマンスを向上させることを期待している。

【関連写真】レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーと『007』のジェームズ・ボンドを演じている俳優のダニエル・クレイグ

 2019年にスタートしたレッドブルとホンダのパートナーシップはうまく機能しており、ここまでの10戦のなかで3回表彰台を獲得、そのうちオーストリアGPではマックス・フェルスタッペンにより優勝を達成した。

 ホーナーは、2019年は期待以上のシーズンになっていると認め、今後さらにパワーユニットの性能を向上させるよう、ホンダに求めていくと語った。

「元々は今年を移行期としてとらえていた。新しいエンジンパートナーを迎え、統合に取り組む年だからだ」とホーナーは言う。

「このパートナーシップは、我々自身の予想を上回るものとなっている。序盤9戦のなかで優勝1回と、その他に表彰台を2回を獲得したのだ」

「信頼性が非常に高い。パフォーマンス向上のために新しいエンジンを投入してきたが、(ドライバーひとりあたり)エンジン3基が今後も使用可能だ」

「シーズン後半にはさらなる向上を求めていく。彼らは今その準備を進めている」

 ホンダはオーストリアで、F1での13年ぶり、2015年のF1復帰後初の優勝を達成した。

「オーストリアでの勝利はホンダにとって非常に感動的なものだった」とホーナー。

「何人か役員が現地に来ていた。マクラーレンとの苦しい年月を経て、今、彼らの投資が利益を生みつつある」
「彼らは今、成功を味わい、その成功が利益をもたらしつつあることを確認している」

「F1復帰後、難しい時期を過ごしてきた彼らを元気づける勝利だったと思う」

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/22(月) 8:04
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事